フォレスターの安全性能のアイサイトの実力!他車との比較は?







スバルの車と言えば、機能性以外にも安全性能が優れているという点で人気を博しているブランドです。
なかでもアイサイトには、事故が起こる前に未然に防ぐ機能が満載。

自分を守る為の機能の他にも、歩行者など周りの人達にも最大限に危害を加えない機能が付いており運転に自信がなかったり、高齢者などの誤発進を防いでくれるのに一役買っています。

今回はスバルのフォレスターのアイサイトに関してまとめてみました

具体的に安全性能のどこらへんがすごいのか?
アイサイトは、どんな機能がついているのか?
スバルって他車と比べて凄いの?

などなど掘り下げてアイサイトについてご紹介致します!




フォレスターの安全性能はサポカーS認定

現在フォレスターには、運転支援システムのアイサイトVer3が搭載されています。
そしてこのアイサイトVer3は、国が推奨をする安全機能を搭載した車として「サポカーS」の認定がされております。

「サポカーS」認定のフォレスターは、・自動ブレーキ・ペダルの踏み間違い時加速抑制装置・車線逸脱警報・先進ライトを装備しており、とりわけ高齢者のドライバーに推奨されています。

アイサイトを搭載してからは、追突事故の発生率が大幅に減少しています。
そんな人々の安全を守る機能を備えたアイサイトですが、具体的にはどんな機能が搭載されているのでしょうか?
実際にアイサイトのメカニズムをみていきましょう!



アイサイトの実力

アイサイトのメカニズムは、前方に付いているステレオカメラが監視をして、障害物などの認識をしています。
このカメラは素晴らしい技術が組み込まれており、人の目と同じように距離や形状を正確に認識することができます。

単に人や車だけではなく、歩行者や自転車などを見分けて認識することができます。
さらには、白線やガードレールまでしっかりとアイサイトは理解します。

高度なステレオカメラの性能により集まった情報は、実際の運転状況を見てソフトウェアが必要な制御を判断。
状況に合わせて、VDC、エンジン、トランスミッション、ステアリングなどのユニットを適切に制御し、高度な運転性能を実現しています。

次にアイサイトの5つの機能について詳しく解説していきます!

事前に危険を予測する【プリクラッシュブレーキ】

衝突の危険がある場合、ドライバーに注意を喚起します。
さらにドライバーの回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に原則または停止をします。
アイサイトVer3は、認識性能が向上し、衝突回避や被害を軽減できる速度範囲が拡大されています。

CMでも障害物の前で自動ブレーキをする機能が話題になりましたよね。
最初に注意をして操作がない場合は制御機能が発動される2段階の仕組みになっているので、ドライバーにとっても使いやすい性能ではないでしょうか?




渋滞を快適に運転【クルーズコントロール】

主に高速道路で役に立つ機能です。
0km/h~100km/hの広い車速域の間で、先行車の追従をしてくれるのがクルーズコントロールになります。

また、渋滞時にはブレーキやアクセルを繰り返す煩わしさを軽減してくれて流のも魅力です。
先行車がいない場合でも、セット車速に応じた速度で定速走行をすることができます。

ステアリングのアシスト【アクティブブレーンキープ】

アクティブレーンキープは、「車線からはみ出さない技術」になります。
アイサイトのステレオカメラには、車線を認識する機能が搭載されているので車が車線からはみ出るとステアリング操作で車線からはみ出るのを防いでくれます。

居眠り運転などで車線からはみ出て事故が起こるのをを未然に防ぐ効果が期待できますよね!
あまりなじみのない道や急カーブなどの際もこの機能があれば安心をして運転することができます。

誤発進を防ぐ【AT誤発進抑制制御】

高齢者の事故でも特に多いのが、車を発進させる際にブレーキとアクセルを踏み間違える誤発進です。
その誤発進を未然に防ぐ機能が、「AT誤発進抑制制御」です。

壁や生垣をカメラが認識して、急な飛び出しをしっかりと制御してくれます。
さらに「発進」だけではなく「後進」への対応もカバーしております。

安全運転サポート【警報・お知らせ機能】

自動車のふらつきなどが見られた場合に、警報で知らせてくれる機能です。
さらには、先行車の発信に気づかないまま停止状態のままでいる場合も、音と表示でお知らせをします。



アイサイトを体験者の声!

アイサイトver3による追従や速度調節、車間距離を保って自動停止するなど、驚くほど便利で安全な機能がよくわかりました。

スバル車は初運転だったのですが、乗り心地にとても満足しました。アイサイトやアイドリングストップなど今まで体感したことがない事もいろいろ経験でき、購入の動機づけとなりました。

高速道路での運転が楽だし、安全運転になりますね。

ちゃんと車間距離を保って減速してくれた。「すごい」しか言えない。

ぶつかる直前で止まってくれるので、事故が減るのではという期待がある。

ブレーキを自分でかけていないのに、本当に止まるのは凄い。安心感がある。

フォレスターの安全性能に関する口コミ

「高速や自動車運転道路ではほとんどブレーキを使用しないで走れる」
「合流や割り込み、カーブでも安定して追従するので運転が楽になった」
「3段階で車間距離を設定できるので、安心してクルーズコントロールを使用できる」
「渋滞中でも追従するので疲れが少ない」
「クル-ズコントロール使用時のギクシャク感が少ない」
「電動パーキングブレーキとの組み合わせで、渋滞中でもブレーキを踏まなくても済む」
「停車時のブレーキングは人間より上手」

世界で最も安全な車はスバル車?

スバルは世界的にも安全な車と言われており、その代表的な機能は先に紹介したアイサイトの機能です。

実は、アイサイトの他にもスバルの車が安全だという理由があります。

それは、車に乗っている人に対してではなく歩行者を守る機能が付いてることです。
「歩行者保護のエアバック」と言い、もしも車に衝突された側がしっかりと守られる機能も付いております。

この機能により、自動車アセスメント(JNCAP)という車の安全性を測る評価で、過去最高得点となる199.7点を獲得しました。
そして2016年度には「衝突安全性能評価大賞」を受賞し話題になりました。

このような経緯からスバルは、乗る人以外にも歩行者を守る機能が付いており、まさに高齢化社会で自動車事故が多い中で、それを抑制する働きがあると考えられています。

フォレスターのアイサイト!まとめ

今回は、スバルのアイサイトについてまとめさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

アイサイトの主な機能としては、

・事前に危険を予測する【プリクラッシュブレーキ】

・渋滞を快適に運転【クルーズコントロール】

・ステアリングのアシスト【アクティブブレーンキープ】

・誤発進を防ぐ【AT誤発進抑制制御】

・安全運転サポート【警報・お知らせ機能】

の主に5つの機能が付いておりました。

家族の安全を考えたら、これらの機能はあって損はなし!だと思います。
以上、スバルのアイサイトについてでした!

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?

ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です