新型フォレスターの口コミ!Touring(ツーリング)とPremium(プレミアム)の違いは?評価や不満は?




 




2018年7月に、ほぼすべてのラインナップを見ることのできる新型の発売を控えるフォレスター。

Adovance(アドバンス)のみ、少し遅れての9月に発表となるみたいですが、いずれにしても今から待ち遠しいですね!

今回は、そんな新型フォレスターTouring(ツーリング)とPremium(プレミアム)の、違いを調べてみました。

さらに新型フォレスターの評価や口コミについてもまとめました!




新型フォレスターのTouring(ツーリング)の口コミや違いは?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

 

新型フォレスターのTouring(ツーリング)は、Advance(アドバンス)を除く3つのグレードの中では、一番スタンダードなモデルで、その分、価格が抑えられたグレードと言えます。

ただ、ベーシックモデルと言えども、スバルご自慢のアイサイトはもちろんのこと、左右独立温度調整付きフルオートエアコン、ステアリングヒーター、前後4席分のシートヒーター、サイドビューモニターなどの装備が標準でつけられています。

エンジンも変わらないため、グレード的には一番下とか言われながらも、全て見たうえでTouring(ツーリング)で十分と考える人も少なくありません。



新型フォレスターPremium(プレミアム)の口コミや違いは?

 

l

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.htm

フォレスター新型のPremium(プレミアム)は、Touring(ツーリング)の装備をさらに向上させ、快適性と上質感をもたせた、ハイグレードなモデルとなっております。

Touring(ツーリング)との違いは、標準装備で、キーレスアクセス&プッシュスタート、18インチアルミホイール、運転席シートポジションメモリーなどがついているということです。

またPremium(プレミアム)はオプションで本革シートが選べるので、フォレスターに少し高級感が欲しい方や、長く乗ることを考えている方は、Premium(プレミアム)にするという人も多いでしょうね。

 



フォレスター新型の口コミや評価【満足点】

インテリア

 

フォレスター 居住空間

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

フォレスターの前モデルからの大きな違いはないものの、さすがに細かいところの質感は増しております。

スタイリッシュでありながらも、機能面もよく考えられていて、非常に使いやすいデザインです。

インパネの形状はオーソドックスで馴染みやすく、また、手触りのいいソフトパッドやアクセントにステッチがあしらわれており、かなり上質に造り込まれている感じがします。

メーターも大型で見やすく、カーナビは前方にせり出しているので操作しやすいです。

パーキングブレーキが従来のレバー式からスイッチ式に変更され、操作感が向上しています。

ふくよかさという言葉で表現される室内は、高級感があります。

助手席と運転席の間が、先代モデルに比べて20mm広がったとのことで、少しの違いではありますが、広くなった気がします。

バックドアの開閉スピードがかなり速くなったおかげで、イライラせずにすみそうです。

バックドアのヒンジが外側に移動したおかげで、開口部がかなり広くなりました。

サンバイザーが大きくなったおかげで、日ざしの強い日などの運転もしやすくなりました。

あいかわらず大きなサンルーフは、解放感が半端ないです。




居住性

フォレスター 運転席シート自動後退機能

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.html

流行りのコンパクト、ミドルサイズのSUVとしては十分な広さで、フロントシートも大きく、通常の日本人の体型であれば余裕があるでしょう。

背もたれは硬めで、腰部のホールド感がいいです。

座面はふかふかで、上質なソファのように、座り心地は快適です。

ホイールベースが先代よりも30mm、長くなったおかげで、足元は広く、後部座席はかなり良くなっている印象です。

座面も先代よりも20mm、拡張されており、ゆっくりと深く腰掛けることができます。

走行性能

フォレスター Advance ホライゾンブルー・パール

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

2.5リッターのエンジンは、先代の2リッターエンジンと比べて500ccの排気量拡大と直噴化によって、確実の動力性能が向上しています。

トルク感が増し、低速域のパワーと、高速域では適度にスポーティーな走りも楽しめる加速も得られ、スバルの得意とする走りの楽しさも失われていません。

走行安定性と操舵性も、全高が1700mmを超える車体のわりには安定していて、ロールも最低限に抑えられています。

 

 

総評

★★★★☆

インテリアの質感がよく、高級車に乗っている感じがする。手触りもいい。

★★★★☆

2.5リッターエンジンはパワーも十分で、これならターボはいらないかもしれません。

 

 

フォレスター新型の口コミや評価【不満点】

PHOTO:Advance 本革シート[ブラウン(シルバーステッチ)]、アイサイトセイフティプラス(視界拡張)はメーカー装着オプション 写真はすべてイメージです。 ※本革シートはシートの側面と背面及びヘッドレストなどに合成皮革を使用しています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

インテリア

カーゴルームの樹脂プレートが傷つきやすく、もう少し強いものにして欲しい。

フロントシートの盛り上がっているところが柔らかいためか、ドア側の方向によれが生じてしまいます。

 

居住性

 

ミドルクラスのSUVなので仕方がないけれど、大型のSUVからの乗り換えだと、カーゴルームを含めて狭く感じます。

ライバル車のエクストレイルのように、狭くてもいいから3列シートも出して欲しい。

走行性能

 

走り心地が少し硬めに感じます。

加速時のエンジン音が少し大きいように思います。

ターボ車からの乗り換えだと、184psというのは少し力不足に感じます。

総評

★★★☆☆

先代までのターボ車が良かった分、今回もターボ車を出して欲しい。

購入後、すぐにターボ車が出るのが怖いので、しばらく様子見したいです。

アウトバックの2.5リッター同様、パワー不足は否めない。

★★☆☆☆

正統進化と言えるのかもしれないけど、これではマイナーチェンジと変わらない。

コンセプトカーのデザインをもっと反映させて欲しかった。

 

Touring(ツーリング)とPremium(プレミアム)のまとめ

 

新型フォレスターは、外観やボディスタイルが先代モデルとほとんど変わらない上、居住空間、ラゲッジルームの広さもほとんど差がありません。

したがって、先代モデルからの乗り換えを考えた場合に、2.5リッターの拡大された排気量での乗り味が、いったいどれくらいの変化を与えているのかが重要になってくるかもしれません。

また、スバルの車を購入する人に共通するのが、走りのよさに魅力を感じているということです。

今回、思い切ってターボ車を廃止しましたが、今後はどうなるか分かりません。

実際、開発担当者のインタビューなどを見ても、今後のターボ車の導入に関しては、はっきりとしたアナウンスは行っていません。

もし、ターボ車があれば、間違いなく欲しいというのであれば、これらの人たちが様子をみるでしょうから、販売台数も伸び悩むかもしれません。

ターボ車への要望の声が多ければ、メーカー側もこれを無視するわけにはいきませんからね。

また、フォレスターのターボ車を乗り継いできた人にとっては、フォレスターといえば、ターボ車以外には考えられないでしょうから。

以上、今回の新型フォレスターについては、ぱっと見あまり変化がないという点と、ターボ車を熱望する人がどれくらいいるのかということが、今後の販売に影響してくると言えるでしょう。

 

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?

ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です