フォレスターで車中泊!改造やオススメアイテム!







近頃人気の車中泊。

ホテルのチェックインの時間も、チェックアウトの時間も気にせず、行きたいところに好きな時に行けて、眠たくなればすぐに寝られる。

そんな自由な旅を求める人に人気の車中泊。

最近は道の駅や高速のサービスエリア、パーキングエリアなどで、キャンピングカーでなくとも、ごくごく普通の車でも車中泊をしている人を多く見かけますね。

普通のセダンでも、寝ようと思えば寝られますが、せっかくの車中泊。

できれば快適に寝たいものです。

そんな人におすすめなのがSUVでの車中泊。

ミニバンは街に溢れているし、どうせならかっこいい車に乗りたいものです。




フォレスターで車中泊!

引用:https://minizaras.com/2016/06/20/singata-foresuter-shachuuhaku/

SUVの中でも、フォレスターは比較的、ラゲッジスペースも大きく、大人二人で寝るには申し分ないスペースを作り出すことができます。

荷室の形状は、セカンドシートを前に倒すと、あっという間にフラットなスペースが作り出せますからね。

セカンドシートを前に倒すタイプの荷室は、天井が高くとれるので、車中泊にはおすすめです。



フォレスター車中泊に適した場所は?

 

車中泊といっても、車をとめて一晩、寝るわけですから、どこにでもとめていいというわけではありません。

他人の敷地がダメなのはもちろんですが、どういった場所が、車中泊に適しているのでしょうか。

高速道路のSAやPA

引用:https://fxinaka.blog.fc2.com/blog-date-201510-1.html

個人的におすすめなのは、高速道路のサービスエリアや、パーキングエリアです。

周りに車があるのは気になるところですが、やはり、人の目があったほうが安心感があります。

利用したことのある方はご存知かと思いますが、高速道路のサービスエリアは、レジャーの方はもちろんのこと、大型トラックの運転手の方など、多くの人が仮眠しています。

やはり、車の中で一晩寝るのですから、同じような人が周りにいてくれた方が安心ですよね。

また、サービスエリアやパーキングエリアだと、トイレに困ることがありません。

一昔前だと、あまり清潔でないトイレも多くありましたが、今は民間の業者が入っているところも多く、改装ラッシュということもあって、とてもきれいなトイレが多いんですね。

また、入浴施設が併設されているところも多く、汗を流すこともできます。

至れり尽くせりですね。




道の駅

引用:http://blog.livedoor.jp/mumuinu_0505-001/archives/16467092.html

全国的に広がりをみせ、車を運転する方ならお馴染みの道の駅で車中泊をされる方も多いと思います。

道の駅での車中泊の魅力は、なんと言っても、国道などいわゆる下道にあるんですね。

なので、有料道路を使うことなく、気軽に車中泊できます。

また、全ての道の駅には、基本的には24時間利用可能なトイレも併設されています。

なので、夜中にトイレに行きたくなっても、安心して利用できるんですね。

展望台

引用:http://hdnr.way-nifty.com/blog/2014/01/post-9a4d.html

こちらもご存知の方はおられるかもしれませんが、意外と穴場なのが展望台にある駐車場。

展望台というだけあって、朝、起きたときの見晴らしが最高な場所が多いです。

展望台の場所なんて知らないよ、という方もおられると思いますが、今はスマホの地図アプリなどで展望台で検索すれば、たくさん出てくると思います。

通常は地元の人しか寄り付かないような展望台でも、静かに車中泊をしたいという人にはぴったりかもしれません。

 

 



フォレスター車中泊での注意点

 

いくら自由に車中泊ができると言っても、注意しなければいけない点もあります。

ここでは、そういった注意点について書いていきます。

高速道路のSAやPA

大型のトラックなど、エンジンをかけっぱなしにして仮眠をとられているドライバーの方が多いので、エンジン音がうるさくて寝られない場合もあるかもしれません。

なので、トラックから離れて駐車するなど、予め、周りの車をチェックして駐車するのがいいでしょう。

また、その高速道路という性質上、車の出入りは夜通し続きます。

神経質な人は騒がしくて寝られないかもしれません。

道の駅

 

道の駅は主に国道沿いなど、いわゆる下道に点在しています。

田舎や山の中の道の駅だと、夜になると人気の全くないようなところも少なくありません。

そういった場所だと、何かトラブルに巻き込まれたときに、助けを呼ぶこともできないし、防犯上、気をつけなければいけないところもあります。

また、冬期など、トイレの使用ができないところもあり、このあたりは事前にチェックしておく必要があるでしょう。

展望台

 

展望台の駐車場は、多くの場合、田舎の道の駅以上に、人気がありません。

地元のヤンチャな人たちのたまり場になっているようなこともあり、落書きやブレーキ痕など、明るいうちに確かめておきたいところです。

 

フォレスターの車中泊は2人まで?

引用:https://smcb.jp/communities/1734/topics/2098757

フォレスターの場合、セカンドシートを前に倒してラゲッジスペースをフラットにした状態で、奥行きが約180cmあります。

幅は約110cmで、大人が横に並んで寝るには、2人が限界かと思われます。

小さなお子様だと、あと、1人くらいは寝られるかもしれませんが、快適に寝ようと思えば、やはり2人が限界でしょう。

どうしても2人以上、例えば親子4人で車中泊というのであれば、荷室の高さが約90cmあるので、パイプなどを使い、自作で二段ベッドをつくるのもいいかもしれません。

少し圧迫感はあるとは思いますが、家族であれば、それもいい思い出になるでしょう。

車中泊のおすすめアイテム!

車中泊に欠かせないアイテムとして、まず真っ先に用意した方がいいのは、マット類です。

経験した人はご存知かと思いますが、人は平なところでないと安眠できません。

安眠できないと、疲れがたまり、次の日の運転に支障がでるかもしれません。

せっかくの車中泊なので、ぐっすり寝るためにも、マットはいいものを選ぶことをおすすめします。

また、外からの視線を遮るために、カーテンなどの目隠しになるものも必要です。

外から寝顔を思い切り見られても全然平気、なんて人はそうそういないだろうから、簡単なカーテンでもいいので用意しておいた方がいいと思います。

また、冬場など、断熱効果のある、マルチサンシェードなるものも色々な会社から、場合によっては車種専用のものが出されています。

少々値段は張りますが、利用されている方は多くおられます。

また、キャンプ用のアルミマットなどを使って、このサンシェードを自作される方もおられますね。

意外と簡単にできるようなので、興味のある方は調べて自分で作るのもいいかもしれません。

 

フォレスター以外でおすすめの車中泊車!

フォレスター以外のおすすめの車中泊車としては、同じSUVということで考えていくとすれば、やはり、エクストレイルでしょうか。

荷室の形状も似ていて、セカンドシートを前に倒すと、広いラゲッジスペースが現れます。

また、同じスバル車で言えば、アウトバックもおすすめの車中泊車と言えるでしょう。

広いラゲッジスペースは、こちらもセカンドシートを前に倒すだけで広大なフラットスペースが現れます。

天井は少し低いのは仕方ないとして、広さ的には、大人二人が十分寝られるでしょう。

→車中泊のオススメグッズまとめ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実は、私も旅行に行く時は、多くの場合車中泊をします。

理由はもちろん、経済的であることと、自由度が高いこと。

チェックインの時間を気にすることなく、思い切り遊べるし、お腹が減れば、その土地の美味しいお店を調べて行けばいいわけです。

フォレスターだと、ある程度の悪路であっても、がんがん進んでいくことができるので、安全をきちんと確認したうえで、河原で車中泊なんていうのもいいかもしれませんね。

 

 

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?

ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です