フォレスター新型フルモデルチェンジ!グレード一覧のまとめ







いよいよ2018年7月に5代目となる新型フォレスターが発売されました。

今話題になっている、新型フルモデルチェンジの内容とは一体なんなのか?

そして気になるフォレスターのグレード構成や値段を一気に大公開いたします。
フォレスターの各グレードの特徴と合わせてご紹介致します!!

 




フォレスター新型!待望フルモデルチェンジ

 

今回発売される新型フォレスターは、初代から数えて5代目のフォレスターです。

前回フルモデルチェンジを行ったのは2012年で、それから5年越しの大規模なモデルチェンジ

発売前、北米での展示会が行われた時から、SUVらしさを増したスタイリッシュな装いに、方方から期待が寄せられてきました。

 

まずはフルモデルチェンジした5代目と、一代前の4代目を比較して見てみましょう。

項目名\年代 先代4代目フォレスター(2017/4〜) 新型5代目フォレスター(2018/7〜)
全長×全幅×全高 4610×1795×1715 4625×1815×1715(一部1730)
室内全長×全幅×全高 2095×1540×1280 2110×1545×1270
排気量 2000cc 2000cc〜2500cc
価格帯 240万〜310万 280万〜310万

 

全ユーザーが気になる点で、なおかつ変化があった場所を比較してみました。

気になる点について、軽く触れて行きましょう。

 

フォレスターの先代と比較して気づいたこと

4代目フォレスター
引用元 https://autoc-one.jp/catalog/subaru/forester/grade/

 

5代目新型フォレスター
引用元 https://autoc-one.jp/catalog/subaru/forester/grade/

 

まずは全長・全幅・全高についてですが、新型になって全長・全幅が15cm・20cmとアップしています。

あまりに大幅なサイズアップですと、今までフォレスターに乗っていた方でも、市街地にお住いの方や狭い道路に面したお住いの方は駐車や運転に不安を感じてしまいますが、これくらいのサイズアップでしたら安心して運転できそうです。

また、室内全長が15cmアップしているところを見ると、今回の全長のアップ分は全て室内の全長に割り振られているようです。

これはユーザーとしては乗車した際にしっかりと実感できますし、積める荷物も多くなりますので嬉しいサイズアップではないでしょうか。

また、価格帯は最低価格が約280万と上がっていますが、最高価格は約310万と先代の最高価格と変化はほぼありません。

予防安全装備や、先進技術の面で今回の新型フォレスターは大幅に機能面のグレードアップが行われています。

そういった事を考えると、最高価格に変動がない事は、かなりのプラス要素であると考えられます。

 




新型の注目ポイント

 

あまり各方面でふれられていない部分ですが、今回のフルモデルチェンジで個人的に注目しているのは、

全グレードで4輪とも、Vディスク式の採用を行なっている点です。

Vディスク式という言葉に聞き馴染みのない方のために簡単に説明しますと、フォレスターは従来、ディスクブレーキとよばれるブレーキの種類を採用しています。

そのディスクブレーキの中でも、このVディスク式というのは、表面積を大きくする加工を行なう事で、ブレーキの冷却が通常よりも早くなります。

冷却が早くなる事はブレーキにとってとても重要なことで、高速道路や坂道での急ブレーキや連続したブレーキをおこなった際に、ブレーキの効きが悪くなってしまったり、最悪効かなくなってしまうベーパーロック現象を防ぐことができます。

勿論、完全に防げる訳ではないのでエンジンブレーキを活用した運転が前提ではありますが、Vディスク式の採用でより安心してドライブを楽しめそうです。

こういった、目に見えない部分での変化は目立ちはしないものの、人命に関わる大事な部分ですので、そこを考えられたモデルチェンジはメーカー側の誠実さがうかがえます。

 

簡単にフルモデルチェンジについてふれてきましたが、いかがでしょうか?

見た目に関する事は好みの問題もありますので、詳しく触れてはいませんが、代わりに基本スペックや構造面といった見た目だけではわからない部分について紹介しました。

次項からは各グレードについて紹介していきますので、グレード選びの参考にしてみてください。

 



スタンダードのグレード「Touring」(ツーリング)

引用元 https://www.subaru.jp/forester/forester/

 

まずはじめに紹介するのは、今回もっともスタンダードなモデルである「Touring」(ツーリング)について。

新型フォレスターのベースの状態であり、標準搭載されているメーカーオプションとしては一番少ないグレードとなっています。

多彩なオプションが用意されている新型フォレスターですので、少し物足りなく感じる方もいるのではないかと思います。

その変わり、価格としては一番安く、あまり機能があっても使いこなせない、付けたいオプションだけ付けれればいい、という方にはオススメのグレードです。

ベースのグレードだからといって、装備が全然付いていないという訳ではなく、安全装備は全車標準搭載となっているものが多いため、十分に安心したドライビングができそうです。

 

Touring専用の装備は?

こちらのグレード用に用意された装備は、

  • アルミホイール(17インチ。ダークメタリック塗装+切削光輝)
  • マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • シート材質(ファブリック/トリコット+合成皮革。シルバーステッチ)

 

ディーラーオプションは、

  • ドアバイザー(光輝モール無し・X-BREAKでも選択可能)
  • リヤバンパーパネル(Premiumでも選択可能)
  • LEDフォグランプ(クリア・イエローの2色)

 

と、なっています。

オプションの付け方であなた好みの一台が作れる反面、あれもこれもと選んでいるうちに、他のグレードの標準装備でまかなえる事もあり得ますので、よく考えて比較してみてください。

 



上級装備を満載したグレード「Premium」(プレミアム)

引用元 https://www.subaru.jp/forester/forester/

 

次に紹介するのは、今回注目を集めている「Advance」(アドバンス)のベースグレードとなっている「Premium」(プレミアム)について。

標準搭載されているオプションも申し分なく、2500ccのグレードでは、Premiumでしか装備できない・されていないオプションが数多くあります。

快適性に特化したオプションが揃えられているので、いかなる場面でも心地良くドライビングを楽しめそうです。

パワフルな走りと快適な乗り心地、フォレスター元来の外装を生かしたい方にオススメのグレードです。

 

Premium専用の装備は?

こちらのグレード用に用意された装備は、

  • アルミホイール(18インチ。ダークメタリック塗装+切削光輝)
  • マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • シート材質(ファブリック/トリコット+合成皮革。シルバーステッチ)

 

メーカーオプションは、

  • シート材質(本革・ブラック/シルバーステッチ)
  • センタートレイ加飾(シルバー塗装&表皮巻/シルバーステッチ)
  • フロアコンソールリッド(シルバーステッチ/ソフトパッドタイプ・Advanceでも選択可能)

 

ディーラーオプションは、

  • ドアバイザー(光輝モール付・Advanceでも選択可能)
  • リヤバンパーパネル(Touringでも選択可能)

 

と、なっています。

価格としてはフォレスター最高価格から2番目に設定されていますが、それでも納得のいく十分なオプションと装備が揃っていますので、多方面で欲張りたい方は是非検討してみてください。

 

デザインにこだわったグレード「X-BREAK」(エックスブレイク)

引用元 https://www.subaru.jp/forester/forester/

 

新型フォレスターときいて、一番に思い浮かぶデザインはこの「X-BREAK」ではないでしょうか。

赤みがかった明るいオレンジのラインを特徴としたX-BREAKは、見ているだけで出かけたくなるワクワク感を与えてくれます。

また、専用の装備が一番多いのもこのグレードで、新型フォレスターの顔といっても過言でないでしょう。

デザイン特化のグレードと思いきや、オプションも充実装備ですので安心して選択できます。

他の車と差をつけたい方や、アウトドアが好きな方にオススメのグレードです。

 

X-BREAK専用の装備は?

こちらのグレード用に用意された装備は、

  • タイヤサイズ(225/60R17オールシーズンタイヤ)
  • アルミホイール(17インチ。ガンメタリック塗装)
  • 本革巻ステアリングホイール(ステアリングヒーター付/レッドオレンジステッチ)
  • シフトブーツ(レッドオレンジステッチ)
  • マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(ロゴ入り)
  • シート材質(撥水ファブリック/合成皮革。レッドオレンジステッチ、タグ付
  • インパネアッパートリム(レッドオレンジステッチ)
  • センタートレイ加飾(アルミ調&表皮巻/レッドオレンジステッチ)
  • フロアコンソールリッド(レッドオレンジステッチ/ソフトパッドタイプ)
  • ベンチレーショングリル加飾(レッドオレンジ塗装)
  • カーゴルームランプ(LED)
  • LEDリヤゲートランプ
  • 撥水カーゴフロアボード
  • フロントグリル&フロントフォグランプカバー(無塗装ブラック+ピアノブラック調加飾)
  • フロント&リヤバンパーガード(レッドオレンジ加飾付)
  • サイドクラッディング(レッドオレンジ加飾付)
  • リヤガーニッシュ(ピアノブラック調)
  • ルーフレール(レッドオレンジ 加飾)付
  • ルーフスポイラー(ピアノブラック調)

 

ディーラーオプションは、

  • ドアバイザー(光輝モール無し・Touringでも選択可能)
  • ホイールデカール  レッドオレンジ
  • フロアカーペット(オレンジアクセント)

 

と、なっています。

上記を見ていただいたように、このグレードだけの標準装備特色がふんだんに盛り込まれています。

また、専用のメーカーオプションがない事も特徴で、カスタムなしでも自信をもってオススメできる仕上がりになっている様です。

同じフォレスターでも、他の3種とは全く違う仕上がりになっていますので、このグレードでしか味わえないこだわりに着目してみてください。

 

最先端、新感覚のグレード「Advance」(アドバンス)

引用元 https://www.subaru.jp/forester/forester/

 

最後にご紹介するのが、今回最も注目を浴びている最上級グレードの「Advance」(アドバンス)について。

新機能「e-BOXER」の搭載、専用装備の「ドライバーモニタリングシステム」、専用制御機能をふんだんに搭載したAdvanceは新型フォレスターとしてだけでなく、SUBARUの最新型としても注目されています。

従来のターボを廃止し搭載されたこのe-BOXERですが、シーンごとの自動制御を行い、燃費性能に貢献してくれる優れもの。

発売は他のグレードより少し遅い今年2018年9月ですが、それでも圧倒的人気で、すでに注文の約40%はこのAdvance(アドバンス)に集まっているようです。

より安心のドライビングを楽しみたい、街乗りが多い方にオススメのグレードです。

 

Advance(アドバンス)専用の装備は?

こちらのグレード用に用意された装備は、

  • アルミホイール(18インチ。ダークメタリック塗装+切削光輝)
  • フロントベンチレーテッドディスクブレーキ(17インチ、2ポット)
  • 電動格納式リモコンドアミラー(サテンメッキ)
  • マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(ロゴ入り)
  • シート材質(ファブリック/トリコット+合成皮革。シルバーステッチ)
  • センタートレイ加飾(アルミ調)
  • カーゴフロアマルチボックス
  • フロントグリル&フロントフォグランプカバー(ピアノブラック調塗装+メッキ加飾)
  • ドアハンドル(メッキ)
  • フロント&リヤバンパーガード(シルバー加飾付き)
  • サイドクラッディング(シルバー加飾付き)
  • ライセンスランプ(LED)
  • e-BOXERオーナメント
  • ECOクルーズコントロール付アイサイト
  • ドライバーモニタリングシステム
  • 車両接近通報装置

 

メーカーオプションは、

  • シート材質(本革・ブラック/シルバーステッチ or ブラウン/シルバーステッチ)
  • インパネ加飾パネル(表皮巻/シルバーステッチ)
  • センタートレイ加飾(アルミ調&表皮巻/シルバーステッチ)
  • ルーフレール(ロープホール/シルバー加飾)付

 

ディーラーオプションは、

  • ドアバイザー(光輝モール付・Premiunでも選択可能)

 

と、なっています。

標準装備については、X-BOXER専用のものを除き、ほぼ全て搭載されており、メーカーオプションで装備できるものは全て装備できるようになっています。

どの面でもパーフェクトと思えるAdvanceですが、劣っている部分をあえて探すのであれば、長距離での燃費が他のグレードより少し劣る事くらいでしょうか。

価格の面でも、Premiumと10万円以下の差しかなく、メーカーオプションで費用を割く心配がない分、とても良心的な価格といえます。

他のグレードを見て、「あの機能もつけたい」「これも欲しい装備だ」となったのであれば、Advanceを考慮してもいいのではないでしょうか。

 

新型フォレスター!グレード一覧のまとめ

フルモデルチェンジからはじまり、グレードの一覧まで見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

きっとこの4つの中に、気になるグレードがあったと思います。

 

最後に、4つを比較し、調べさせていただいた私の個人的オススメをご紹介させてください。

 

個人的、グレードのオススメ

私が今回、オススメしたいのは、

X-BREAKです!

引用元 https://www.subaru.jp/forester/forester/

 

正直、凄く悩みました。

自分好みにカスタムし、仕上げることができるベースグレードのTouringか。

上級装備で快適な車内空間、かつパワフルさも合わせ持つPremiunか。

他の車にはない特色を持ち、装備も揃えながらデザイン性も抜群なX-BREAKか。

最大の特色である「e-BOXER」を搭載しながら、オールラウンダーでもあるAdvanceか。

どれも一定の標準装備を持ちながら、グレード同士で被る事なく個性がありますし、価格帯にも大きく差はありません。

 

その中でX-BREAKを選んだ理由としては、

  • グレードの中でも特に特徴的で、総合的なバランスが良い
  • コンセプトカラーであるレッドオレンジが嫌味なく主張していて、印象に残る
  • アウトドアに特化した性質があり、いかなる場面でもドライビングを楽しめる

の3点です。

「e-BOXER」も凄く魅力的で、最終的にはAdvanceとX-BREAKで悩みましたが、デザインが個人的に好みであったX-BREAKを選びました。

 

このように、新型フォレスターは様々な好みや主な使用用途でグレードを選ぶことができるように感じます。

少しでも、グレード選びの参考になれれば光栄です。

 

 

 

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?

ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です