新型フォレスター・スペックを公開!走行性能や安全装備







2018年7月19日にスバルから発売された新型フォレスター。

新型が発売されると気になるのはやはりスペックですよね。

フォレスターのスペックを走行性能から安全装備まで色んな角度から検証してみました。

それでは、新型フォレスターに搭載されているスペック見ていきましょう!!




SUVの上質なデザインの新型フォレスター

先代のスポーティでワイルドなデザインから一新、X-BREAKはよりアクティブに、その他3グレードはより上質な印象に変貌を遂げました。

スバル初となるハイブリッドシステムや、更なる新機能を搭載したアイサイトなど、注目の最新技術が盛り込まれております。

高い走行性能と安全性能を誇ることでも有名なフォレスターですが、今回の新型でさらに運転の愉しさを追及したモデルとなっています。



新型フォレスターのエンジンのスペック

新型フォレスターのエンジンは、Touring・Premium・X-BREAKの3グレードではFB25型2.5L直噴DOHCエンジンを搭載。

ハイブリッドエンジンを搭載したAdvanceでは、FB20型2.0L直噴DOHCエンジンにモーターを追加した、モーターアシストタイプのエンジンです。

スバル伝統の水平対向エンジンとなっています。

いままでのラインナップにあったターボの設定は今のところ廃止となりました。

最高出力はFB25が136kW(184PS)/5800rpm、e-BOXERが107kW(145PS)/6000rpmを発生。

最大トルクはFB25が239N・m(24.4kgf・m)/4400rpm、e-BOXERが188N・m(19.2kgf・m)/4000rpmとなっています。

プラットフォームやエンジンの変更による車両重量増をカバーできるトルクフルなエンジンとなっており、加速性能、高速走行ともに安定した走りを見せてくれます。

とくにAdvanceに搭載されているモーターは、発進時や追い越し時などの加速をアシストしてくれるので、ターボに似た感覚で乗ることができます。

モーターが大きくないので、高回転域までの伸びはないようですが、中低速域の加速アシストは街乗りで真価を発揮してくれることでしょう。

燃費も従来よりも向上し、Touring・Premium・X-BREAKの3グレードでは14.6km/L、Advanceでは18.6km/L。

燃料はレギュラーガソリンで、燃料タンクはTouring・Premium・X-BREAKが63L、Advanceが48Lです。

一度の給油代はレギュラーガソリン130円換算で6,240円~8,190円ほど。

カタログ値の燃費でいくと、一度の給油で約900kmの走行が可能ということになり、遠出の際にも給油回数が少なく済みそうですね。



新型フォレスターのパワートレインのスペック

2.5L直噴DOHCエンジンと2.0L直噴DOHC+モーターという2つのパワートレインをもつ新型フォレスター。

トランスミッションはマニュアルモードを搭載した7速CVT「リニアトロニック」を採用しています。

マニュアルモードの搭載により、意のままに車を操る愉しさを体感できます。

安定した走行を支えるサスペンションは前輪がストラット式独立懸架、後輪がダブルウィッシュボーン式独立懸架となっています。

ブレーキにはベンチレーテッドディスクを採用し、冷却効率を高め制動力の向上を実現しています。

今回の新型からプラットフォームを「スバルグローバルプラットフォーム」へ変更。

インプレッサをベースに、「スバルらしい走り」を実現するための改良が施されています。

新型フォレスターのエクステリア


引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

エクステリアは、「ダイナミック×ソリッド」をコンセプトにモデルチェンジされています。

4代目フォレスターのスポーティで迫力あるフロントマスクから一変、落ち着きと重厚感のある頼もしいフロントマスクになりました。

より多くのファミリー、年代に受け入れられるデザインになったのではないかと思います。

サイドの曲線的なプレスラインも美しく、力強さの中に繊細さを感じるデザインとなっています。

TouringとX-BREAKは17インチアルミホイール、PremiumとAdvanceは18インチアルミホイールが標準装備です。

アクティブさが魅力のX-BREAKではルーフレールも標準装備されています。

PremiumとAdvanceではメッキパーツによる加飾が施され、上質感を演出しています。

新型フォレスターのインテリア

インテリアデザインも一新され、インプレッサと共通のインテリアとなりました。

インテリアもグレードにより雰囲気が大きく変わります。

X-BREAKはオレンジのステッチや加飾パーツにより、アクティブでスポーティな遊び心あるおしゃれなインテリアデザインです。

シートには撥水ファブリックを使用し、アウトドアで使うことを想定した工夫がなされています。

Touring・Premium・Advanceはブラックを基調としたシンプルなインテリア。

シートはファブリックと合成皮革が使用されています。

PremiumとAdvanceは本革シートをオプションでつけることも可能です。

Premiumはブラック、Advanceはブラックorブラウンから選択できます。

シートにあわせ、フロントパネルやドアパネルにもレザーが使用され、より高級感のあるインテリアになります。

新型フォレスターの室内空間は?

室内空間は、前席と後席の間隔が広がり、より快適に後部座席を使用できるように改良されました。

ドアの開口部が広く、チャイルドシートなどの積み下ろしもしやすくなっています。

また、前席の背面ポケットには仕切りがつけられ、小物を整理しやすい収納になりました。

さらに、後席用のUSBポートの設置により、後席に乗る人もスマートフォンが充電できるなど、後席の利便性を向上しています。

トランクは520Lの大容量で、6:4の分割可倒式リヤシートにより、シートアレンジが豊富です。

荷室ボード後端からフロントシートまでは1856mmあるので、スノーボードやゴルフバッグ、自転車まで積載可能です。

バックドアには、スイッチひとつで開閉できる「パワーリヤゲート」を搭載し、手のふさがった状況でもバックドアの開閉を可能にしました。

家族でのお出かけをより快適にする室内空間を実現しています。

新型フォレスターの走行性能は?

新たに採用された「スバルグローバルプラットフォーム」はSUBARUが培ってきた知見や技術力を注ぎ込んで完成させた次世代のプラットフォームです。

総合安全性能の向上、忠実なハンドリング、不快な振動の低減により、快適な乗り心地を実現しています。

SUVの重心の高さを感じさせない迅速かつ正確なステアリング操作への反応により、走る愉しさをさらに高めました。

低重心で前後左右のバランスに優れた「シンメトリカルAWD」と路面状況に応じた最適なトルク配分を行う「アクティブトルクスプリットAWD」によって、どんな路面でも安定した走りを実現。

さらに走行モード「X-MODE」の搭載により、滑りやすい雪道や砂利道、タイヤが埋まってしまう深雪やぬかるみでの走行も、モードを切り替えることで安心・安全な走行を可能にしました。

新型フォレスターの安全装備は?

先進安全装備「アイサイト」はVer3に新たな機能を搭載しました。

単調な巡航や渋滞の疲労・イライラからドライバーを解放する「ツーリングアシスト」が全グレードに搭載されます。

ステレオカメラによる先行車と車線の認識に対し、適正なアクセル・ブレーキ・ステアリング制御機能は、0~120km/hの広い速度域で使用可能。

高速道路での巡航・渋滞や、バイパスなどでも使用できます。

さらに、歩行者や障害物を検知し警告を行い、ブレーキアシストや減速措置をしてくれるプリクラッシュブレーキや、後退時自動ブレーキシステム、そして誤発進抑制制御など「ぶつからない」ための制御機能も進化しています。

より安全に運転を楽しむことができる新技術が搭載されています。

フォレスターのグレード構成

グレードは、ベーシックなTouring、アクティブなX-BREAK、上質なPremium、そしてハイブリッド搭載のAdvanceの4グレードです。

グレードごとの個性がはっきりしているので、自分の好みや使い方に合わせたチョイスをできるのも、新型フォレスターの魅力のひとつでしょう。

各グレードの車体価格は下記のとおりです。

グレード 価格
Touring 2,808,000円~
X-BREAK 2,916,000円~
Premium 3,024,000円~
Advance 3,099,600円~

先代と比較して40万円前後、価格がアップしましたが、その分新たなプラットフォーム、ハイブリッドシステム、更なる走行性能・安全装備の向上がなされているので、納得の価格でしょう。

新型フォレスターのスペックまとめ

新型での変更点・魅力を以下にまとめてみました。

  • グレードはTouring、Premium、X-BREAK、Advanceの4グレード
  • 価格は280万円~310万円
  • エンジンは2.5L直噴DOHCと2.0L直噴DOHC+モーター
  • エクステリアは「ダイナミック×ソリッド」を核とした重厚感と信頼感のあるデザインへ
  • インテリアはインプレッサと共通の高級感あるデザイン
  • 居住空間は後部座席の快適性を向上
  • 新たな「スバルグローバルプラットフォーム」を採用
  • シンメトリカルAWDと「X-MODE」による高い走破性を実現
  • アイサイトには新機能「ツーリングアシスト」を搭載

エンジン・プラットフォーム・エクステリア・インテリアなどの主要部分を一新し、走行性能・安全装備においては新技術を搭載した新型フォレスター。

家族でのお出かけをより快適で楽しいものにするための機能が搭載され、さらに多くのフォレスターファンを作り出すことでしょう。

 

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?




ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です