スバル・フォレスター新型!エコカー減税まとめ!適用外グレードはあるの?




 




エコカー減税という言葉を耳にすることは多いですが、いったい、エコカー減税とはどのようなものなのでしょうか?

ここでは、フォレスターのエコカー減税に加え、自動車にかかる税金や適用外グレードはあるのかどうかフォレスターの税金対策についてもまとめていきます。

知ってよかったか、それとも一生知らない方がよかったかは人それぞれですが、少しでも安く、お得に賢く購入したいとお考えの方は、是非、参考にしてみてください。

 




フォレスターにかかる税金とは?

引用:https://jp.autoblog.com/2018/03/29/2019-subaru-forester-lots-of-little-changes/

自動車にかかる税金は、大きく分けて、取得税、重量税、自動車税があります。

取得税とは、自動車を購入するときにかかる税金で、車両本体価格の約90%ほどと、オプションをつければ、それにかかる金額を合わせた合計金額の3%ほどになります。

重量税とは、その自動車に該当する重量区分によって、車検の時に支払う税金のことです。

自動車税とは、毎年、4月1日時点で、所有している自動車に対して支払う税金で、その車両の車種やや排気量によって、支払う額は異なります。

一般的に、排気量が大きくなれば、それに伴って、支払うべき税金の額も上がります。

ここで注意点ですが、消費税が10%に上がるタイミングで、自動車取得税が廃止され、新たに環境性能割税が導入される予定です。

消費税が本当に10%に上がるのかどうかは、まだ分かりませんが、車の購入を考えておられる方は、注意しておいた方がいいかもしれません。

この環境性能割税というものに対して、エコカー減税というのは、ハイブリッド車など、環境に優しい自動車に対しては国が定める税金に対して、一定の優遇を受けることができるというものです。

ただし、ここで言う環境に優しいというのは、ただただ低燃費であるということではなく、国が定めた基準値以上の車に対して減税の幅が決められるということです。

例えば、フォレスターのように重量が比較的ある車に対しては、燃費だけでなく、その点についても考慮して、エコカー減税の幅が決定されるということです。

 

 



フォレスターのグレード別減の税額はいくら?


引用:https://gaisya-suteki.com/forester-custom-9855

では、新型フォレスターにかかる税金はどれくらいになるのでしょうか。

グレード別に見ていくと

 

2.0i                2.72万円+自動車クリーン税1.95万円 総額4.67万円

 

2.0i-L               3.33万円+自動車クリーン税1.95万円 総額5.28万円

 

2.0i-L EyeSight     3.44万円+自動車クリーン税1.95万円 総額5.39万円

 

X-BREAK        3.51万円+自動車クリーン税1.95万円 総額5.46万円

 

S-Limited              3.65万円+自動車クリーン税1.95万円 総額5.60万円

 

となっております。

では、こういった減税額はどのようにして決められているのでしょう。

そもそも、エコカー減税のて意義は、環境に優しい自動車に対して、その税金を優遇する制度です。

環境に優しいというのは、単に燃費がいいというだけではなく、車の重量に対しての燃費で決まっています。

車重の軽い軽自動車だと、燃費で判断されれば、その多くが対象になってしまいますからね。

取得税に関しては、オプション等、車に対してその価値を高めていると認められるものに対しても、金額に入るという点に注意が必要です。

通常、オプションは後から付ければ税金はかからないということになりますが、フォレスターに関しては、車両価格とオプション価格から40%が減税対象となるため、前もって考えておく必要があります。

 



フォレスターのエコカー減税の適用外グレードは?


引用:https://blog.goo.ne.jp/bocomo-chan/e/c98da61f25e9926b6db96e96b2ae5d2d

フォレスターのターボエンジン搭載の2.0XTに関しては、エコカー減税対象外となっている点、注意が必要です。

ターボエンジンを搭載している時点で、およそエコカーとは呼べないからでしょうか。

ターボ車は人気のあるグレードだけに、ここは悩ましく感じる人も少なくないでしょうね。

スバルと言えば、走りのスバルと言われるくらい、その性能を重視される方が多いですからね。

減税との天秤は非常に悩ましいところかもしれません。

また、マニュアル設定のグレード(2.0i MT、2.0i-L MT)についても、自動車取得税の減税対象にはなりますが、重量税と自動車税については減税対象になりません。

フォレスターのオプションに対する減税は?

引用:https://blog.goo.ne.jp/sinsyawoyasukukau/e/62ec00b0ff8073573f018b8febeb9efe

自動車に対する税金は、その車両の支払い総額に対してかけられるので、購入時につけたオプション品についても、その対象にななります。

カーナビやエアロパーツなど、色々とつけていくとかなりの高額になることも珍しくないため、メーカーオプション、ディーラーオプションに関わらず、後々のことも考えて決めていく必要があります。

ただ、ディーラーオプションに関しては、購入後、後付けできるものもあるので、新車で買う時に課税対象から外す方がお得なこともあります。

また、カーナビのように、社外品の方が比較的、安く購入できる場合が多いものもありますから、見積もりのシミュレーションを何度もやってみて、後になって後悔することのないようにすることも大切でしょう。

自分で分かりにい場合は、担当の営業マンに相談してみるのもいいかもしれません。

 

フォレスターのエコカー減税の注意点は?

 

今、行われているエコカー減税は、誤解している方も多いですが、燃費さえよければ優遇されるというものではありません。

国の定める、燃費基準値という基準に基づいて設定されています。

この、燃費基準値というのは、車の総重量に対する燃費の基準として設定されていて、エコカー減税の場合、単純に燃費のいい車が適用対象車になるというわけではありません。

基準となっている、同じ重量の車と比べた場合に、燃費がいいものを優遇しますというものです。

つまり、燃費がいくらよくても、その車自体の重量が軽ければ、他と比較して優遇されない、ということもあるわけです。

 

 

 

フォレスターエコカー減税まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段、税金に対してはあまり考えないので、急に言われてもなかなか調べきれませんよね。

また、国の定める税金というのは、知らない人は損をするようにできているので、調べないと、誰も助けてはくれないことが多いようです。

かく言う私も、様々な税金を含め、お金関係は嫁に丸投げ状態です。

ただ、しっかり調べてお得に購入すれば、後で後悔することもないだろうし、無駄な出費を抑えられるかもしれません。

特に、フォレスターの場合、グレードによっても税率にかなりの差が出てくる場合もあるので、注意が必要ですね。

とはいえ、理想としては、税金のことなど考えずに、好きなグレードに好きなだけオプションをつけて買うというのが一番ですけどね。

 

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?




ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です