フォレスターVSエクストレイル どっちを買う?走行性能や荷室も比較




 




最近、各メーカーが最新技術を搭載したクロスオーバーSUVを続々発売しています。

快適な高速走行や安定性そして悪路の走破性が高いのが魅力で、アウトドア好きには特に人気となっているSUVですが、その中でも人気の高いフォレスターとエクストレイル。

そのスバル フォレスターには新型が、日産 エクストレイルにはマイナーチェンジが発表され注目を集めています。

そこで今回は、フォレスターとエクストレイルの特徴を比較し、どちらがよりおすすめできるかをご紹介していきます。




フォレスターVSエクストレイル:走破性の比較

SUVといえば四駆。四駆と言えば悪路走行。という認識の方も多いのではないでしょうか?

雪道や峠道も安全に快適に走行できるのがSUVの魅力ですよね。

まずはフォレスターとエクストレイルの走破性について、エンジンや足回りなどのスペック情報から見ていきましょう。

ガソリンエンジン

フォレスター エクストレイル
エンジン DOHC直噴水平対向4気筒 DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒
排気量 2.5L 2.0L
駆動方式 AWD(常時全輪駆動) 2WD/4WD
トランスミッション リニアトロニックCVT エクストロニックCVT
最大出力 136kW(184PS)/5800rpm 108kW(147PS)/6000rpm
最大トルク 239Nm(24.4kgfm) /4400rpm 207 Nm(21.1kgfm) /4400rpm
燃費JC08モード) 14.6km /L 16.4 km /L2WD16.0km /L4WD

 

ハイブリッドエンジン

フォレスター エクストレイル
エンジン 水平対向4気筒DOHC直噴 直列4気筒DOHC直噴
排気量 2.0L 2.0L
駆動方式 AWD(常時全輪駆動) 2WD/4WD
トランスミッション リニアトロニックCVT エクストロニックCVT
最大出力 107kW(145PS)/6000rpm 108kW(147PS)/6000rpm
最大トルク 188Nm(19.2kgfm) /4000rpm 207Nm(21.1kgfm) /4400rpm
モーター出力 10kW13.6PS 30kW41PS
モータートルク 65Nm6.6kgfm 160Nm16.3kgfm
燃費JC08モード) 18.6km /L 20.8 km /L2WD20.0km /L4WD

 

 

ガソリンエンジンのパワーは排気量が大きいこともありフォレスターのほうが高いので、よりパワフルな走行をしたい方にはフォレスターのほうがよさそうです。

一方、ハイブリッド車は、モーターがエクストレイルのほうが性能が高く、エンジンスペックはほぼ同じです。

市街地などでの走行が多く、燃費も重視したいという方にはエクストレイルのハイブリッド車のほうがよいといえます。

走行性能を向上させる新技術

両者とも、走破性を高めるための技術が搭載されていますのでご紹介します。

水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレーンで構成された独自のAWDシステム。重心位置が低く、前後左右の重量バランスに優れたその構造は、さまざまな道で安定した走りと深い安心感を提供します。フォレスターでは、路面や走行状況に応じて前後輪に最適なトルクを配分する「アクティブトルクスプリットAWD」を採用。優れた走行性能を発揮します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/performance.html

アクセルを踏むと同時に、各種センサーの情報から、4WDコンピュータが走行状態を判断。走行状況に応じて前後トルク配分を100:0から約50:50に切り替えることで、滑りやすい路面でも安定した走りを実現します。新たにトランスファーの開発などで軽量化を実現し、燃費も向上。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

駆動方式について、コーナー時や雪道走行の際にタイヤにかけるトルクバランスを変えることで安定した走行性能を実現するという点では、両者共通となっています。

しかし、エクストレイルは更なる新技術「インテリジェント エンジンブレーキ」と「インテリジェント トレースコントロール」という2つの運転サポート機能を搭載。コーナー時のブレーキ・アクセルの操作を制御することで、安定したコーナリングを行えるようサポートしてくれます。

これらのスペック情報から、走破性についてはエクストレイルが1歩リードといえるでしょう。



フォレスターVSエクストレイル:荷室の比較

 

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

アウトドアに行くにしても、町乗りでのお買い物でも、荷室の広さは重要なポイントですよね。

せっかく快適で走破性の高いSUVですが、積める荷物が少ないのではキャンプや釣りなどが存分に楽しめません。

そこで、フォレスターとエクストレイルの積載能力を比較していきましょう。

フォレスター エクストレイル
トランク容量 520L 565L2列シート)445L3列シート)
高さ 884mm 845mm
横幅 1300mm 1305mm
奥行き(リアシートを倒した状態) 最大1547mm 最大1745mm

 

全体的にエクストレイルのほうが、荷室は大きいという結果になりました。

そのほか、ドアの開閉にも技術が追加されており、エクストレイルは車体の下に足を入れるとセンサーが反応してドアが開く「リモコンオートバックドア」を搭載。フォレスターはスイッチひとつでトランクが自動開閉できる「パワーリヤゲート」を搭載。両者と両手がふさがっている状況を想定した機能を搭載し、より便利になっています。

トランク以外の収納では、フォレスターのほうが充実。フロントシートの背面ポケットや、ハンガーなどをかけられるフックなど「あるとちょっと嬉しい」収納を搭載。

車体の大きさはほぼ同じですが、ややエクストレイルのほうが大きいです。その分のハンデを座席収納で取り返しているのがフォレスターでしょう。

大きい荷物をたくさん積むのはエクストレイルですが、日常的に使う小物入れ機能はフォレスターのほうが便利といえます。

 



フォレスターVSエクストレイル:雪道の比較

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

4WD車やSUVの購入を考えている方の中には、雪の降る地域に住んでいる方や、スノーボードなどのウインタースポーツを楽しんでいる方が多いのではないでしょうか。

それでは、雪道での走行安定性はどちらのほうが優れているのでしょうか?

走行の様子を動画で比較して見ましょう。




・フォレスター雪道試乗

・エクストレイルの雪道試乗

いずれも、トルク配分を変えてくれる4WD構造から、雪道でも安定した走行性能を発揮します。

この項目に関しては互角といえるでしょう。

フォレスターVSエクストレイル:価格の違いは?

 

 

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

それぞれの価格は、フォレスターが2,808,000円~、エクストレイルが2,197,800円~と60万円ほどの差があります。ハイブリッドモデルではフォレスターが3,099,600円~、エクストレイルが2,589,840円~とこちらも差が大きいですね。

ただ、フォレスターはTouring、Premium、X-BREAK、Advanceの4グレードですが、エクストレイルはグレード6種に3列シートや2WD/4WDの区別と、特別仕様車も入るのでグレードだけで39通りあります。最上位グレードの価格は3,844,800円~です。予算と用途に応じて自分に合ったグレードを選べる利点がありますが、もしエクストレイルの最上位グレードの予算でフォレスターのX-BREAK(2,916,000円~)を選んだら、オプションをたくさんつけられますね。

特別仕様車でない場合はエクストレイルのほうが車体価格は安いので、より経済的なほうを選びたい方はエクストレイルがよいでしょう。

筆者のオススメはこっち!

 

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

さまざまな観点からフォレスターとエクストレイルを比較してきました。

両者どちらも魅力的なので、何を重視するかで絞るしかありません。

走破性や雪道走行のSUVに求められる走行性能や技術はほぼ互角です。

運転サポート機能があることから、悪路走行や峠道が得意ではないという方にはエクストレイルを、パワフルに自分の走りを追及したい方にはフォレスターをおすすめします。

しかし、総評としては荷室の広さや車体価格、燃費、オーナーのライフスタイルに合わせられるバリエーションなどから、筆者はエクストレイルをおすすめします。

先進の運転サポートや安全装備技術が搭載されており、大きな車体を扱うのに便利なアラウンドビューモニター、リモコンオートバックドアなどの普段の生活で便利な機能はママさんからの支持が得られるでしょう。

よりファミリーでのお出かけでママと子供に優しいのはエクストレイルだといえます。

【フォレスターVSエクストレイル】まとめ

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

今回は新型フォレスターとエクストレイルについて比較してまいりました。

どちらも魅力的な機能や技術が搭載され、安全装備や走行性能、燃費も向上しています。

アウトドアに適した車は、乗っているだけで楽しいと感じられます。

家族や友人とのレジャーも、快適に楽しめることでしょう。

より安全でより楽しく運転できるフォレスター・エクストレイルと一緒に、家族や友人との思い出をたくさん作って行ってはいかがでしょうか。

 

 

 

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?

ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です