フォレスターとCX-5はどっちを選ぶ!?徹底比較







2018年モデルでSGP(スバルグローバルプラットフォーム)になったスバル・新型フォレスター!

それに対して今回比較するのは、

現行車で国産唯一の高燃費高出力型クリーンディーゼルを搭載したマツダ・CX-5です。

SUVの王道であるこれらの車種を色んな角度から徹底比較致します!!

あなたはスバル派ですか?マツダ派ですか?




フォレスター vs CX-5 エクステリア比較

 

次世代スバルのデザイン哲学である「ダイナミック×ソリッド」感をつめ込んだ新型フォレスター。

フォレスター実は前評判でエクストレイルのようだと揶揄されていたフォレスターだが、実物を前にすると存在感のあるデザインにフォレスターの進化を感じることができます。

フォレスターのX-BREAKモデルは、SUVらしさを感じさせるルーフレールやクラッディングが標準装備されています。

さらに特筆すべきはオールシーズンタイヤを装着しているので、スタッドレスタイヤまでは必要ないが冬も安全に運転したいユーザーにありがたい仕様となっていて、道が悪い場所でも快適に運転できるのがフォレスターの強みですよね。

対して、塊感のある「魂動(こどう)デザイン」と「匠塗 TAKUMINURI」と名付けられた深い色合いのボディカラーが女性にも大人気のCX-5。

ソウルクリスタルレッドが人気色のCX-5はデザイナーの心意気を感じさせるデザインで、CX-3よりも全長が長い分、乗り心地もよく、美しいプロポーションとなっています。

取り回しの良さもCX-5の特徴で、SUVならではのアイポイントの高さを生かした走りで、オンオフ問わず運転しやすいボディです。

 



フォレスター vs CX-5 インテリア比較

 

インテリアに関して、スバル車は昔からデザインが他のメーカーに比べて古臭いと言われてきている一方でマツダは魂動デザインになり、洗練された内装になっております。

そこでフォレスターとCX-5のインテリアデザインはどういった違いになるのでしょうか?

フォレスターは、メーカー装着オプションになってしまうのですが、ブラウンの本革シートやウルトラスエードをあしらったインテリアを選ぶことができます。
また撥水シートを装備するモデルなどライフスタイルとマッチした様々なグレードに合わせる可能です。

そしてAピラーの形状を変更するなど、死角が少ないコックピットレイアウトになっており、「0次安全」というスバルの事故を未然に防ぐ哲学が反映されおります。

CX-5はドライバーの疲労を軽減するウレタンを多用したシートにホワイトレザーをあしらったパッケージも選択できるのが特徴です。

ロングツーリングでも快適で、所有欲を満たすラグジュアリーな内装は、ファッションにこだわりのあるユーザーの満足度や評判も高いです。

そしてリアシートもリクライニング可能で、後部座席のパッセンジャーの快適性を高めるためのエアコン吹き出し口とシートヒーターも装備されており、快適さに関しては満足のいく車になっているのではないでしょうか。



フォレスター vs CX-5 動力性能比較

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/content/driving/img/2.5engine/img201.jpg

スバルの2.5リッターNAと2リッターハイブリッドに対し、マツダはクリーンディーゼルとガソリンとコンセプトが全く異なるエンジンを採用しています。

フォレスターには2リッターターボが廃止され、2.5リッターのNA(自然吸気エンジン)とハイブリッドの2つのエンジンがラインナップされているのは知っていましたか?

スバルの最新技術「e-BOXER」と名付けられたハイブリッドシステムは、トヨタのように燃費向上を目的にするのではなく、あくまで走りを重視するものです。

エンジンの回転数が低い状況でモーターの力をプラスさせることで、アクセルを踏んだときにレスポンスのよいエンジンフィーリングが体感できるのが特徴です。

そして2.5リッターNAモデルは、2リッターターボモデルで感じたブーストがかかるまでのタイムラグを打ち消すかのような豊かなトルクでターボとは違った余裕の走りを満喫できます。

CX-5には、G-ベクタリング・コントロールというドライバーのハンドル操作をコンピュータが検知し、エンジンのトルクを制御することで、前や後へ車体荷重を効果的に配分し、カーブを曲がりやすくする仕組みが搭載されているのが特徴です。

さらにCX-5にはお財布にやさしいクリーンディーゼルエンジン車と車両本体価格が安いガソリン車の二つのモデルがあり、ユーザーの好みで選べるのが嬉しいですよね。

スカイアクティブDと呼ばれるマツダのディーゼルエンジンは低燃費かつ高出力のエンジンで、そのトルクは450N・mとスポーツカー並みで山道のワインディングも快適に走り抜けることも可能です!

フォレスター vs CX-5 悪路走破性比較

 

WRCラリーでめざましい活躍したスバルは、初代フォレスターからシンメトリカルAWDというコンセプトで4輪全部が駆動するシステムをほぼ全車に採用してきました。

一方でマツダはFF(前輪駆動)とAWDをユーザーのライフスタイルに合わせて選べるようになっています。

そんな両者の悪路走行の実力を比較してみました!

スキーや登山などアクティビティの移動手段として考えると、フォレスターはCX-5より最低地上高が高く、スタックしにくいのが特徴です。

さらにフォレスターにはボタン一つで切替できるX-MODEがあり、深雪やぬかるみなどタイヤが埋まってしまうような悪路にも強い。

そして、CX-5に関してはi-ACTIV AWDと呼ばれるシステムが搭載されております。

これは車から伝わる情報を制御し、1輪だけがアイスバーンに乗ってスリップしても、他のタイヤのトルク配分をコントロールすることでスピンを防ぎ、乾いた路面を走行する際には後輪へのトルクを減らし、ほぼ前輪駆動で走行することで燃費のよい走りができるようAWD制御専用コンピュータが搭載されている。
SUVのボディスタイルが好きだが街乗りがメインのユーザーは経済性の高いFFを、積雪地で暮らすユーザーはどんな路面でも安定した走りのAWDを選択するといったライフスタイルに合わせたパッケージを選択できる。

フォレスター vs CX-5 安全性能比較

引用:http://jp.mazdacdn.com/common/assets/brand/img/dynamics/safety/i-activsense/bad_i-activsense-hero_img_17112.ts.1711090513120000.jpg

どちらも国が推奨する自動車安全コンセプト「サポカーS・ワイド」にランク付けされているが、違いを比較してみよう。

スバルが独自に開発したアイサイトはバージョン3になって安全性能が飛躍的に進化した。
新型フォレスターではアクセルとブレーキだけでなくステアリング制御も行い、高速道路等での安全性を向上させたツーリングアシストを全車に搭載している。Advanceグレードにはドライバーの顔を認識し、疲労を検知するドライバーモニタリングシステムも装備され、事故を起こさないための装備が充実している。
CX-5はマツダ・プロアクティブ・セーフティと呼ばれるシステムが導入され、疲労を軽減するための
理想的なドライビングポジションとなる座席やペダルのレイアウトで、アクセルとブレーキの踏み替えがしやすいオルガン式ペダルが採用されている。
またマツダはi-ACTIVSENSEと呼ばれる安全装備を全車に装備、事故の危険事態を回避するための各種センサーやレーダーを使ったライト切り替えシステムや接近してくる車を感知してドライバーにお知らせする機能など最先端の安全装備に守られている。そしてマツダの「ヘッズアップコクピット」と呼ばれるシステムは、ダッシュボード中央に配置されたナビの操作を左手元のコマンダーコントロールで行い、運転に必要な情報をフロントガラスに投影するアクティブドライビングディスプレイが取り入れられており、運転中にナビを操作して意識が離れることを防止するようになっている。

フォレスター vs CX-5まとめ

 

SGPプラットフォームになり走行性能が飛躍的に向上した新型フォレスター、国産ミドルクラスSUV唯一のクリーンディーゼルエンジンが選択できるCX-5。
発売されて間もない新型フォレスターですが、排気量区分が変わり税制面で不利な2.5リッターではなく2リッターのE-BOXERが大人気です。
ゲレンデタクシーなどプロモーションの効果も相まって、スバルのSUVへの信頼性はとても高く、他メーカーがその牙城を崩すことは容易ではないでしょう。
世界的なSUV人気の中、デザイン性の高いCX-5は国内外で高い評価を得ています。初期投資が20万円ほどアップしますが、クリーンディーゼルを選択できるCX-5は経済性を重視するユーザーにはベストな車になるでしょう。
フォレスターとCX-5、どちらを選んでも最新技術のおかげで普段の運転やお出かけが楽しくなること間違いありません。あとはご自身のライフスタイルに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?




ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です