フォレスターの新型!Advance(アドバンス)の評価!パワーや内装も!







2018年7月19日に新型が発売されたフォレスター。

新技術の搭載というだけあってかなり注目度の高い「Advance」(アドバンス)の発売は9月を予定しているとのことです。

今回は新型フォレスターのアドバンスの魅力やスペックをご紹介していきます。




フォレスター新型のアドバンス(Advance)とは?

新型フォレスターに設定されたグレード「アドバンス」は、スバル初となる、ハイブリッドシステムを搭載したグレードです。

エクステリアは上質で信頼感のある印象で、デザインの核となる「ダイナミック×ソリッド」のとおり重厚感のある車体に、メッキ加飾による高級感が演出されています。

2.0L直噴DOHCエンジンにモーターを追加し、フルモデルチェンジによる重量増でもスムーズな加速とトルクフルな走りを実現します。



アドバンスに搭載されたe-BOXERのパワーや特徴は?

アドバンスに搭載されるハイブリッドエンジン「e-BOXER」は、FB20型の2.0L直噴DOHCエンジンにモーターを搭載。

エンジンの最高出力は107kW(145PS)/6000rpmと、1640kgの車体には非力な印象ですが、最高出力10kW(13.6PS)を組み合わせることにより、十分な加速性能を実現しています。

走行性能においては、他の3グレードよりも車両重量があるため、ゆったりとした印象になります。

きびきびスポーティに走るというよりも、余裕を持った快適なドライビングができる車でしょう。

マニュアルモードや走行モード「X-MODE」も搭載されているので、雪道や砂利道、ぬかるみでも安心して走行できます。

ハイブリッドシステムによって、一番燃料を使用する発進・加速に対しモーターアシストが入るので、燃費は18.6km/Lと、車体の大きさや重さを考慮すると燃費は良いです。

1度の給油で900km前後の走行が可能になるので、遠出の際も燃料代を抑えることができますね。

また、シンメトリカルAWDの左右対称の構造に、エンジンとモーターを前方、バッテリーを後方に設置することで、車体の前後左右のバランスを崩さずに、他グレードと同様の高い走行性能を実現しています。



フォレスター新型!アドバンスの内装は?

アドバンスの内装は、高級感あふれる上質な空間です。

標準装備のシートは、Premiumと同じファブリックとレザーのコンビシートが採用されています。

メーカーオプションンのブラウンのレザーシートと、シートに合わせたドアパネルにあしらわれたレザーが、より一層上質感を引き立てます。

アクティブな印象というよりは、落ち着いた空間でゆったりと快適なドライブを楽しむような印象です。

また、オプションでレザー色をブラックにすることも可能ですので、寄り落ち着いたシンプルなインテリアが好みという方は、変更するのも良いでしょう。

 

旧型よりも後部座席を広く取ることで、後部座席の居住空間に余裕を持たせ、より快適性を向上させました。

質感高く適度なホールド感のあるシートは、コーナリングでもドライビングポジションがずれにくく安心して運転できます。

シフト周りに集約された走行モードなどのスイッチは使い勝手もよく、夜間の運転時はブルーの間接照明で車内の視認性も向上させています。

※ブルーLED照明はメーカーオプションです。

アドバンス以外の3グレードとの違いは?

ここまではアドバンスの特徴についてご紹介してきました。

アドバンスとの比較のため、他の3グレードをご紹介していきます。

Touring

ベースグレードのツーリングは2.5L直噴DOHCエンジン「FB25」を搭載しています。

インテリアはシンプルなブラックを基調に、ファブリックのコンビレザーシートが採用されています。




Premium

エクステリアにメッキ加飾を施した、上質感のあるプレミアム。

標準装備のシートはファブリックとレザーのコンビシートですが、オプションでブラックの本革シートにすることにより、さらに高級感を演出できます。

X-BREAK

アクティブなライフスタイルを提案するX-BREAKは、オレンジのポイントカラーがおしゃれな加飾や、ルーフレールを標準装備などの差別化により、他のグレードよりもアクティブでスポーティなエクステリアになっています。

また、X-BREAKは、グレーとオレンジをポイントとした近未来的なインテリアが特徴です。

シートには、アウトドアシーンで活躍する撥水ファブリックを採用しています。

 

他グレードとの違いは?

他の3グレードについてかんたんにご紹介させていただきました。

アドバンスが他のグレードと異なる点は、以下のとおりです。

性能面

  • エンジン:2.0L直噴DOHC+モーター
  • 燃費:18.6km/L
  • ブレーキ:17インチ2ポット
  • 車両重量:90kg増
  • 燃料タンク容量:48L
  • 変速比・減速比

装備面

  • ホイール:Advance用18インチホイール
  • シートヒーター:3段階温度調整つき
  • ライセンスランプ:LED
  • アイサイト:ECOクルーズコントロール機能搭載
  • 安全装備:車両接近通報装置搭載

アドバンスの魅力や評価は?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

アドバンスの魅力は、やはり「ハイブリッドシステム」でしょう。

スバルの高い技術による走行性能や安全装備に、ハイブリッドエンジンによる低燃費が加わることで、さらに魅力的な車になったフォレスター アドバンス。

他のグレードと比較しても、おすすめする声が多いです。

アドバンスは、スバル車のファンを増やすきっかけとなる車種になると考えられます。

トヨタ プリウスを初めとするハイブリッドカーが人気となり、時代の動きはハイブリッドエンジンによる環境保護を推奨しています。

その時代背景にあわせて登場したアドバンスは、スバルの「運転する愉しさ」を注ぎ込んだハイブリッドエンジンを搭載しています。

さらに、スバルの先進安全装備「アイサイト」には、アドバンスのために、モーターアシストによる燃費に考慮した追従機能「ECOクルーズコントロール」が追加されました。

走行性能、安全性、そして燃費の今車選びで重要とされるポイントをすべて押さえたスバル車がフォレスター アドバンスなのです。

フォレスターはひとつの車種で「アクティブな家族」「上質で快適な車を求める家族」「快適で低燃費な車を求める家族」など多様化する家族の形に合わせられる車だといえるでしょう。

まとめ

今回は、フォレスターの新型アドバンスの魅力についてお伝えしました。

今までのスバル車に対し、走る愉しさを何よりも優先し、燃費は二の次だというイメージをお持ちだった方もいらっしゃるのではないかと思います。

わたしも15年前のスバル車に乗っていますが、乗っていて楽しいので燃費を気にしたことはないですし、特にスバリストの方にはそのような方もいらっしゃるでしょう。

ガソリンの消費量が多くなる発進や加速時にモーターがアシストすることで低燃費を実現するハイブリッドエンジンの導入は、今後の環境配慮や低燃費を求める社会情勢により、どのメーカーも避けられません。

スバル車がハイブリッドエンジン搭載車を発売するという注目度の高さからも、アドバンスの今後のスバルの更なる技術力の向上への期待が伺えます。

9月の発売が非常に楽しみです。

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?

ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です