フォレスターvsアウトバックの比較!どっちを買う?乗り心地は?







スバルのSUVを代表するフォレスターとアウトバック。

フォレスターもアウトバック(レガシィ)もどちらともスバルから発売されている車種になります。
SUVとして、フォレスターもアウトバックも非常に魅力的なのでどちらを購入するのか迷ってしまうかもしれません。

今回はこちらの2台を比較し、オススメできる点や乗り心地についてもご紹介していきます。




フォレスターの特徴

2018年7月に発売された新型フォレスターは5代目となるモデルです。

ベーシックなTouring、上質なPremium、アクティブなX-BREAK、そして9月発売のハイブリッドモデルAdvanceの4つのグレードがあります。

インプレッサのプラットフォーム変更に伴い、フォレスターも「スバルグローバルプラットフォーム」が採用され、更なる走行性能と安全性能の向上を果たしています。



アウトバックの特徴

アウトバックはスバルの人気車種「レガシィ」シリーズのツーリングワゴンをベースに走破性を高めたクロスオーバーSUV。

ベースのツーリングワゴンにオーバーフェンダーなどSUVらしいデザインを取り入れています。

その登場は2003年10月で、「レガシィ ランカスター」の後継車種の位置づけでした。

現在は3代目モデルとなり、2018年9~10月ごろにマイナーチェンジを予定しています。

高い走破性と積載力で人気の車種です。



フォレスターVSアウトバック スペックを徹底比較!

それでは、項目ごとにフォレスターとアウトバックのスペックをご紹介し、比較していきましょう。

まずはグレードと価格をご紹介します。

フォレスター

グレード 価格
Touring 2,808,000円~
Premium 3,024,000円~
X-BREAK 2,916,000円~
Advance 3,099,600円~

アウトバック

グレード 価格
LEGACY OUTBACK 3,294,000円~
LEGACY OUTBACK Limited 3,564,000円~

価格は新型フォレスターのほうが安く、燃費もフォレスターのほうが良いです。

今どちらかを選ぶならフォレスターのほうが経済的でしょう。

では、主要スペックを比較しましょう。

フォレスターはグレードにより特性が異なる部分がありますので、比較については両者ベースグレードにて行います。

フォレスター アウトバック
全長×全幅×全高 4625mm×1815mm×1715mm 4820mm×1840mm×1605mm
室内長×室内幅×室内高 2110mm×1545mm×1270mm 2030mm×1545mm×1240mm
最低地上高 220mm 200mm
車両重量 1520kg 1570kg
エンジン FB25 水平対向4気筒 2.5L DOHC 16バルブデュアルAVCS 直噴 FB25 水平対向4気筒 2.5ℓ DOHC 16バルブ AVCS
最大トルク 136 kW(184PS)/5800rpm 129 kW(175PS)/5800rpm
最高出力 239N・m(24.4kgf・m)/4400rpm 235N・m(24.0kgf・m)/4000rpm
燃費 14.6km/L 14.8km/L
燃料タンク容量 63L 60L
トランスミッション リニアトロニック(マニュアルモード付) リニアトロニック(マニュアルモード付)

車体がアウトバックのほうが少し大きいのに対し、室内の広さはあまり変わりません。

フォレスターのほうが視点も高く、わずかながら最小回転半径も小さいので、より取り回しがしやすいのはフォレスターだといえそうです。

エクステリア

車のイメージを決めるエクステリア。

車体の大きさやデザインは、走行性能にも影響します。

それではエクステリアを比較してみましょう。

フォレスター

鍛え上げた肉体のような躍動感と硬質感のあるデザインです。

次世代SUBARUのデザインフィロソフィー「ダイナミック×ソリッド」を核に、SUVらしい力強さや信頼感を表現しています。

グレードによって異なるエクステリアであることも、ライフスタイルに合わせた選ぶ楽しさがあります。

アウトバック

美しさの中に力強さを感じるデザインが魅力のアウトバック。

全高の低さが、スタイリッシュさをさらに引き立ててくれます。

洗練された美しさと使い勝手の良さが融合したエクステリアです。




インテリア

毎日過ごす車内のデザインや使い勝手はドライバーにとっては非常に大事ですよね。

さらにご家族を乗せるには快適な室内空間やシートの座り心地なども重要になってきます。

2台のインテリアデザインを比較していきましょう。

フォレスター

プラットフォームの変更に伴いインテリアデザインも変更されました。

グレードによってアクティブな撥水シートやブラック・ブラウンのレザーシートを選択可能。

スポーティと上質感を融合したインテリアとなっています。

アウトバック

上質なデザインで、シンプルなので使い勝手のいいアウトバックのインテリア。

オプションでレザーシートを選択することも可能です。

落ち着いたブラックと、開放感のあるアイボリーから選ぶことが出来ます。

積載力

SUVの魅力のひとつが、アウトドアユース。

テントやクーラーボックスを初めとしたキャンプ用品は、大きい荷物になるものが多いですよね。

また、高い走破性を発揮できるのが雪道。

スキーやスノーボードで活躍するには、長い荷物も積む必要があります。

では、積載量を比較していきましょう。

フォレスター

フォレスターの荷室の寸法は以下のとおりです。

荷室高 884mm
開口部最大幅 1300mm
荷室フロア長 908mm~1856mm
荷室フロア幅 1100mm~1585mm
積載容量 520L

アウトバック

アウトバックの荷室の寸法は以下のとおりです。

荷室高 824mm
開口部最大幅 1175mm
荷室フロア長 1062mm~1974mm
荷室フロア幅 1080mm
積載容量 559L

容量としては、アウトバックのほうがより多くの荷物を積むことが出来ます

荷室の長さ(フロントシートバックから荷室後端まで)がアウトバックのほうが長いので、釣竿などの長さのあるものはアウトバックのほうが安心して積むことが出来ます。

フォレスターは高さと幅がアウトバックよりも広いので、高さのあるものなどはフォレスターのほうが積みやすいでしょう。

乗り心地が良いのは?【フォレスターVSアウトバック】

車体の性能について比較してきましたが、ここからは乗り心地の比較です。

フォレスターはまだ口コミの数が少ないでしょうから、試乗やインプレッションも含めたレビューから、アウトバックはユーザーの口コミをもとに、その乗り心地について比較していきましょう。

フォレスターの乗り心地は?

フォレスターの走行性能や乗り心地に関する口コミ・レビューは以下のとおりです。

いい口コミ

  • 乗りごこちはすばらしい。ターボ車があれば欲しかった。
  • ステアリング操舵性が素晴らしい。走行安定性も非常に高く、乗っていて安心感がありる。
  • 非常に引き締まった乗り味で、フラットな乗り心地が心地いい。
  • 格段に良くなっている。

悪い口コミ

  • ロールは抑えられているものの、不自然に感じる
  • 乗り心地が固い
  • 段差には強いがうねりに反応しすぎる

試乗などの感想によると、「乗り心地がいい」という声が多いです。

ロールや足回りの硬さなどは、SUVの腰高感やスバルの高い走行性能をかなえる足回りになれていない方には違和感があるようです。

アウトバックの乗り心地は?

アウトバックの走行性能や乗り心地に関する口コミをまとめましたのでご紹介します。

いい口コミ

  • 舗装路は満足出来る走りをしてくれる。
  • 安定感があり、乗っていて楽しい。
  • アイサイトのおかげで、高速走行時はイメージ以上の安心・安定感を得られる。一般道でも加速・減速や停止に不満はない。
  • いちばん真価を発揮するのは高速道路などのクルージング。スピードが出ても安定していて全く不安を感じない。
  • 大きな段差は結構揺すられるが、これもSUVっぽさと割り切れば受け入れられる。
  • 少し固めの乗り心地で意見が分かれるとは思うが、もっとソフト感を望むならB4の選択もあるので、アウトバックはこれでいいと思う。

悪い口コミ

  • スペックよりもトルクが厚く感じられるが、高速道路での追い越しでの加速では少し物足りなさを感じる。街中では必要十分である。
  • アイサイトが細かくステアリングを制御しすぎて、高速道路で横風を受けてフラフラしたような乗り心地になる。
  • 不整路に入った途端、硬いゴムが跳ねるような不快な振動が発生し、ゆすられ感が大きくなる。
  • 運転のせいか、新車のにおいのせいか、運転しているのに車酔いすることがある。

アウトバックの乗り心地に関しては、賛否両論見受けられました。

総評すると、乗り心地が快適なのはフォレスターだといえます。

フォレスターVSアウトバックのまとめ

フォレスターとアウトバックの比較結果はこうなります!

  • 価格はフォレスターのほうが安い
  • フォレスターのほうが車体が小さく室内が広い
  • フォレスターのほうが多様なユーザーに合わせられるラインナップがある
  • アウトバックのほうが荷室が広い
  • フォレスターのほうが乗り心地の評価が高い

以上の理由から、私はフォレスターをおすすめさせていただきます。

アウトバックもマイナーチェンジを控えているので、どのような進化を遂げるのか気になるところですが、フォレスターの評価の高さは素晴らしいの一言。

今後のユーザーレビューにも注目ですね。

車の下取りはネットで行った方が良い理由!

ネット上で10社以上の大手買取業者があなたの車を査定を行い、競争買い取りをするサービスがあるのは知っていますか?

 

例えば、ディーラーで30万円だった下取りが、
このサイト経由で70万円で下取りされた
という口コミがネット上で話題となりました。

 

こちらに登録されている買取業者は
ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりで安心なんです。
登録に掛かる時間は1分もかかりません。

さらに裏技があるのをあなたは知っていますか?

ディーラーの値引き交渉にもう悩まない!

 

ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっておりますが例外があります

 

それが、下取りがある場合です。
ディーラーは下取り価格を安くして
値引き価格を大きくし、
損失分を相殺するというテクニックを使います。

 

つまり…あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝え、値引き価格を増やしてもらえば良いのです。

で、購入を決める時に、
やっぱり下取りはいいです
こう伝えるだけでいいんです。

 

この方法が新車を最安値で購入する
最終奥義なので覚えてくださいね。

 

無料の簡単登録で車を高く売りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です